ボーンカービング制作工程

ボーンカーカービングが初めてと言う東京から、おいでのTさんに
フイッシュフックを作って頂きましたので詳しく掲載いたします。

c0196240_8301379.jpg

まず、骨を選んでいただき、その上に、ご自身で考えたデザイン画を
書いていただきます、絵心はまったく必要ありませんが、自信が無ければ
サンプルを見ながら、書いていただきます。

c0196240_8305565.jpg

c0196240_831409.jpg

骨を任意のサイズにカットし、更にデザイン画の外側をカットします。

c0196240_8322360.jpg

写真の様にアバウトカットでOK

c0196240_8355214.jpg

グラインダーで外側を整えます。

c0196240_8343360.jpg

内側外側共にルーターを使い整形します。

c0196240_8435253.jpg

大まかな形が出来ましたら、#100~#400 番のサンドペーパーで表面を
磨きます。

c0196240_844514.jpg

更に、#600~#12000 番のサンドペーパーでピカピカになるまで仕上げます。

c0196240_8464328.jpg

肝心な紐とボーンの接続部に挑戦です、難しい結び方なので結んでは解き
結んでは解きの繰り返しでTさんは苦労していましたが、マスターしてくれました。

c0196240_8514093.jpg

接続部分から出ている糸で組紐を編んでゆきます。

c0196240_8531240.jpg

苦労の甲斐があり、一生の宝物になる素晴らしいボーンフイッシュフックの完成です
Tさんは全てマスターしたいと言うことで、結局、制作を始めてから終わるまで
6時間ほど掛かりました、お疲れ様でした。
by pumaikai | 2011-10-23 09:05 | モアナコアのクラス